反省

先週のクルンカヴィラウンド。ティーショットの反省。

ところどころ、ボールが少しプルストレートで左に飛んでいた。フェードのイメージまでは良かったが、フェードの打ち方になっていなかったように思う。具体的にはダウンスイングで、ほんの一瞬、フェース(アーム)ローテーションを抑えて、目標方向にフェース面を合わせる意識が欠けていた感じ。今から思えば、やはり右のハザードを意識してフェードの曲りを抑え込もうとしていたのだと思う。フェースの向きを意識せずに自然にフェースローテーションさせ目標方向にヘッドを出すだけだと、少しアウトサイドイン気味の自分のスイングではフェースが少しかぶり左を向いてしまう。結果、プルストレート。(余談だが、オンプレーンの軌道に比較してアウトサイドインというだけで、目標線の延長後方線上の外側から振り下ろしてはいない。雑誌記事の読み過ぎで、長年フェード、スライスの原理を誤解していたが、最近、気づいた。(遅、涙) 軌道は肩や腰が回って、クラブが体の正面から外れなければ、どうやっても、目標線の延長後方線に対してはインサイドからしかおりない。インパクト直後の振り抜きが目標線に対してアウト、インというのはあるかもしれないが、自分の今のスイング軌道でアウトに抜けばフェースが開きすぎでプッシュスライスになると思う。ドライバーの調子が悪くなると、時々、顔を出す。)

週末は、日本帰国前のジェムス2ラウンド。前回書いたアイアンの飛距離調整に加えてこの辺も気を付けてラウンドしようと思った。

アウェー

土曜日スパプルック。連日の雨のせいかフェアウェイはところどころ水が浮き、芝は水分を含んでグチャグチャ。ショットしていて、爽快感がなく、水が飛び散って、フォローの後味が悪い。歩くとき靴もいつもより重く感じた。

アイアンはこんな感じなので、得るものは少なかったが、ドライバーは好調を維持。ただ、17番。狙いを定めたまでは良かったが、右の水が意識から消えきらないままスイングに入ってしまい、勇気を持って目標方向から回し込むフェードを打つことができなかった。結局、身体が極端に反応してしまい左にど引っ掛け。これがきっかけとなってトリを叩いた。この時だけ集中力に欠けていた。

グリーンの状態はまぁまぁ。足が痛い痛いといって歩くキャディとは読みが合わず。、32パットに留まった。ショートパットがもう少し入れば、もう少しスコアも行けたと思う。結局、84。それにしても、このゴルフ場のコンディション、オペレーション。ジェムスとは差があるよなと改めて思った。

日曜日、クルンカヴィ。

Krunkavee#1

身体が馴染む前にドライバーがぶれ、トリ、ダボを打ってしまい、それを挽回する展開。結局、挽回できずにひたすらボギーが続いた。ラウンド後に感じたのは、最近のアイアンのキャリーをキチンと把握できていない。手前が多い。バリエーションとして、ピンバックの時は短め、ピンフロントの時は大きめというリスク管理はありだが、そもそもの距離がおかしい。最近、ロングアイアンで5、ショートアイアンで10ヤード距離が落ちている。距離の階段的には8番と7番で間が開く感じ。このゴルフ場はラフが半端なくきつく、グリーンはフラットなので、とにかくグリーンにのせるという戦略に欠けていた。

ラウンド後、送別コンペということで宴会。在タイ数年の駐在員が多くて、いわゆる夜遊びネタが多いのは仕方がないと思うが、焼酎ボトルが空くまで続き、話題はループした。在タイ13年で酒も飲まない人間には、退屈以外の何者でもない。2時間。もともと場違いを承知で参加しており、話題的にも、今更、話を合わせられない。10年前、きっとその前からずっと繰り返される同じような話題。店の名前が変わるだけ。透けて見えるタイ人に対する差別感情。それでもこの人たちにとっては新鮮なのだからと、楽しいのであればそれはそれでよいかと思い直した。一方で、自分はここにいたくはない。今後、コンペ参加は、より一層、慎重にしようと思った。

弾道のイメージ

ショットの良し悪しは、結局、アドレス、始動、トップでのヘッドの向きや収まり方で決まる。ここが狂っていれば、それ以降でいくら調整してもどうにもならない。むしろトップで異変を察知した身体はそれを調整しようと動いて、余計に酷いボールが出ることが多い。持ち球のフェードの弾道をきちんとイメージしてアドレスし、丁寧にトップに収める、あとは下半身始動で、ダウン以降では変な操作や思考を排除してイメージの方向に振り抜くということだと思う。イメージにあったアドレスが十分でないので下ろした時に身体が勝手に、しかも極端に反応してしまう。身体の無意識の反応を抑え込むためにも弾道のイメージ、それにあったアドレスを徹底しようと思う。

そんなことを思いながら、ジェムスで嫁さん、お客さんと練習ラウンド。

世間では4連休のところも多いようだ。(うちはカレンダー通り金曜日出勤。)4連休初日、仏教日午前とあって、空いていた。4時間でラウンド。

前半、ショットは良かったが、歯車が合わず。。。途中、3鉄のティーショットをミスって池ポチャ、トリを叩く。踏み込み具合の加減を試していたら、抜けてしまった。(ヽ´ω`)  後半になり、ようやくショットのイメージと実際が噛み合い出す。ウッド系は構えた方向からフェード、アイアンはストレート、ほんの気持ちフェードのイメージでうまく行った。



週末、大人数でのアウェーラウンド。頑張る。

ドライバー修正続く。

同世代の仲間とジェムスで。
練習のかいなく、相変わらずドライバーは右に。例によって90を挟んだ展開に。もう少し目標のバーを下げたいのだが、どうしてもそこに収束していくゴルフになっている。

前半1パー1ダボ、後半3パー、2ダボ。
パーの数が少ないのは、ティーショットのミスが続いているから、セカンドで狙っていけない。

No rain in Bangkok at rainy season


インサイドからヘッドを入れて、ストレートもしくはアウトにヘッドを抜く動作が、プッシュスライスを誘発している。残り2ホールでようやく気づいた。自分のスイング的にはアウトサイドにバックスイングして、上体が残る分だけほんの少しインサイドから入る程度、ヘッドがぬける方向もほんの少しインに抜ける感じでフェアウェイ半分くらいのフェードになるように思う。最終ホールは、フェアウェイ左端から綺麗に回してフェアウェイセンターに落とすことができた。上体が突っ込むのはNGだが、上半身を我慢しすぎるのもNG。その加減が難しい。

練習

最近、土日ラウンドが続いて、練習していない。ドライバーがプッシュスライス連発で調子があまりに悪いので、久々に平日練習。
狭いコースでターゲットに打とうとばかりしていると手が縮こまってくる。
まっすぐ打とうとする気持ちが強すぎると、フェースの向きばかり気になり、まっすぐ飛ばないという皮肉。



右肩がどうしても突っ込んでしまうのかヘッドが横に抜けている。本当は縦に抜けないといけない。身体の開きを我慢。ヘッドが抜けるまでべた足で右足の捲れもぐっと我慢。縦に抜ければフィニッシュが決まる。フィニッシュが綺麗に取れるように振り抜きたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。