弾道のイメージ

ショットの良し悪しは、結局、アドレス、始動、トップでのヘッドの向きや収まり方で決まる。ここが狂っていれば、それ以降でいくら調整してもどうにもならない。むしろトップで異変を察知した身体はそれを調整しようと動いて、余計に酷いボールが出ることが多い。持ち球のフェードの弾道をきちんとイメージしてアドレスし、丁寧にトップに収める、あとは下半身始動で、ダウン以降では変な操作や思考を排除してイメージの方向に振り抜くということだと思う。イメージにあったアドレスが十分でないので下ろした時に身体が勝手に、しかも極端に反応してしまう。身体の無意識の反応を抑え込むためにも弾道のイメージ、それにあったアドレスを徹底しようと思う。

そんなことを思いながら、ジェムスで嫁さん、お客さんと練習ラウンド。

世間では4連休のところも多いようだ。(うちはカレンダー通り金曜日出勤。)4連休初日、仏教日午前とあって、空いていた。4時間でラウンド。

前半、ショットは良かったが、歯車が合わず。。。途中、3鉄のティーショットをミスって池ポチャ、トリを叩く。踏み込み具合の加減を試していたら、抜けてしまった。(ヽ´ω`)  後半になり、ようやくショットのイメージと実際が噛み合い出す。ウッド系は構えた方向からフェード、アイアンはストレート、ほんの気持ちフェードのイメージでうまく行った。



週末、大人数でのアウェーラウンド。頑張る。

ドライバー修正続く。

同世代の仲間とジェムスで。
練習のかいなく、相変わらずドライバーは右に。例によって90を挟んだ展開に。もう少し目標のバーを下げたいのだが、どうしてもそこに収束していくゴルフになっている。

前半1パー1ダボ、後半3パー、2ダボ。
パーの数が少ないのは、ティーショットのミスが続いているから、セカンドで狙っていけない。

No rain in Bangkok at rainy season


インサイドからヘッドを入れて、ストレートもしくはアウトにヘッドを抜く動作が、プッシュスライスを誘発している。残り2ホールでようやく気づいた。自分のスイング的にはアウトサイドにバックスイングして、上体が残る分だけほんの少しインサイドから入る程度、ヘッドがぬける方向もほんの少しインに抜ける感じでフェアウェイ半分くらいのフェードになるように思う。最終ホールは、フェアウェイ左端から綺麗に回してフェアウェイセンターに落とすことができた。上体が突っ込むのはNGだが、上半身を我慢しすぎるのもNG。その加減が難しい。

練習

最近、土日ラウンドが続いて、練習していない。ドライバーがプッシュスライス連発で調子があまりに悪いので、久々に平日練習。
狭いコースでターゲットに打とうとばかりしていると手が縮こまってくる。
まっすぐ打とうとする気持ちが強すぎると、フェースの向きばかり気になり、まっすぐ飛ばないという皮肉。



右肩がどうしても突っ込んでしまうのかヘッドが横に抜けている。本当は縦に抜けないといけない。身体の開きを我慢。ヘッドが抜けるまでべた足で右足の捲れもぐっと我慢。縦に抜ければフィニッシュが決まる。フィニッシュが綺麗に取れるように振り抜きたい。

嫁とゴルフ

タイに嫁さんが本帰国。☆・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・☆
ミニコンペが入って混んでいる中、無理やりジェムスで2バックラウンド。
アソシエイトの年会費2万バーツを払ってメンバー扱いになった。年に10回も行けば元が取れる計算で楽勝。

嫁さんは半年ぶりのわりに、本帰国して気分が良いのか前半はなんと48だった。これはついに100切りかと思いきや、意識したのか10番でいきなり10を叩いて終了してしまった。後半は59。ただパットは、以前に比べて随分良くなったので、100を切れる日も近いように思った。

wait for next tee and chat with caddy

その後、レセプションがわざわざカートで12番ティで駆けつけ、年会費の他に月会費として月1,500Bが必要だと言われる。目が点になる。(*_*; 年会費+月会費なんて聞いたことがない。。。その場では保留し、プレー後話し合うことにした。いい感じだった自分もボロボロに。3ホールくらい引きずってしまった。その間、キャディと話をし、ライフメンバーは1回あたりプレー代(メンテナンスフィー)150Bを支払うか、月1,500Bを支払うか選択できるらしいことが判明。大半のメンバーは月10回は来ないので150Bを選択しているようだった。

プレー後、この線でゴルフ場のレセプション、営業と話をしたら、最終的にレセプションのITシステムが受け付けることを確認後、1回150B払うことでOKになった。驚かしてくれる。。。(-_-;) 自分の後半ラウンドを返して欲しいと思った。。。

クルンカヴィ2戦

タイトMB使いのシングルさんが主催するゴルフ会に参加。

土曜日、日曜日ともに、くじ引きでそのシングルさんと同じ組だった。相変わらず凄まじいゴルフをする。

クルンカヴィはただ長いだけで面白くないというのが、世間の評価だが、自分の印象は少し違う。芝の種類が、いわゆる3流コース然としていて、フェアウェイは起伏に乏しい。今流のうねったフェアウェイや芝の緑の綺麗さがなく、世間の評価を下げているのだろう。

strong head wind at 450yard par 4

白ティでスコアカード表示で6629ヤード、今日のセッティングでも同じくらいあったと思う。長いことは長い。写真は8番450ヤードPAR4、土日ともアゲていてドライバー、3ウッドとつないでようやくパーオンできるかどうかといったところ。レイアウトはほとんどのホールでサイドが池。さらに落としどころにバンカーと樹木を配置し、ティーショットでプレッシャーを与えている。雨季のせいか、ラフはかなり伸びて何回もロストしそうになった。土日とも風が強く1番手以上距離が異なっていた。

土曜日のシングルさんのゴルフが特に凄かった。前半、3バーディ、3ボギー。後半、2バーディ、1ボギー。ミスショットを時々するが、リカバリー力が凄い。次のホールには引きずらない、5、6メートルのバーディパットはきっちりと決めてくる。一段と凄みが増した感じがした。ラウンド前は、正直、勝てないまでも何とか食らいついて行きたいと思ったが、あらゆる面でレベルが違いすぎて目標にするにはあまりに遠すぎた。今の実力的にそもそも目標設定に無理があるが、タイには長く駐在予定とのことなので、少しずつでもその孤高を破りたいと思った。

それにしても自分のゴルフは不甲斐ない。最近、特に気合が入らず、集中力に欠けている。ゲームをコントロールしている感じが全くしない。帰宅してクラブを磨いていると、クラブから使いこなせていないとブツブツ文句を言われている気がする。自信を持って使いこなせと。。。

新ウェッジは、まだまだポテンシャルを引き出せていない。バンカーからはかなりいい。アプローチでは、もう少しスピンをかけすぎない打ち方を練習する必要がある。スピンをかけると距離感が合いづらい。

パターは迷っているが、(=^・^=)パターはどうしても中長距離のタッチに不安があり、方向に集中できない。元来、開閉型のスイングのため、キャメロン君でフォロー時しっかりヘッドを閉める練習をした方が良い気がしている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。