スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省

先週のクルンカヴィラウンド。ティーショットの反省。

ところどころ、ボールが少しプルストレートで左に飛んでいた。フェードのイメージまでは良かったが、フェードの打ち方になっていなかったように思う。具体的にはダウンスイングで、ほんの一瞬、フェース(アーム)ローテーションを抑えて、目標方向にフェース面を合わせる意識が欠けていた感じ。今から思えば、やはり右のハザードを意識してフェードの曲りを抑え込もうとしていたのだと思う。フェースの向きを意識せずに自然にフェースローテーションさせ目標方向にヘッドを出すだけだと、少しアウトサイドイン気味の自分のスイングではフェースが少しかぶり左を向いてしまう。結果、プルストレート。(余談だが、オンプレーンの軌道に比較してアウトサイドインというだけで、目標線の延長後方線上の外側から振り下ろしてはいない。雑誌記事の読み過ぎで、長年フェード、スライスの原理を誤解していたが、最近、気づいた。(遅、涙) 軌道は肩や腰が回って、クラブが体の正面から外れなければ、どうやっても、目標線の延長後方線に対してはインサイドからしかおりない。インパクト直後の振り抜きが目標線に対してアウト、インというのはあるかもしれないが、自分の今のスイング軌道でアウトに抜けばフェースが開きすぎでプッシュスライスになると思う。ドライバーの調子が悪くなると、時々、顔を出す。)

週末は、日本帰国前のジェムス2ラウンド。前回書いたアイアンの飛距離調整に加えてこの辺も気を付けてラウンドしようと思った。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。