スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏の惨劇

土曜日ジェムスで初使用したウェッジは、結果が今ひとつだった。ボーケイよりスピンの掛かりが弱い、また、買った時は良かったのだが、コースで構えると、依然、リーディングエッジが突き刺さるようなイメージが付きまとう。スコア自身はともかく、満足感の薄いラウンドだった。

そして日曜日、送別ゴルフ最終戦をアルパインで。。。
3連休の中日で客は日本人ばかり。空いていた。そのせいなのか、バックティーはところどころフルバックに近いセッティング。グリーンはアルパインとしてはそんなに速くなかった。

Summer golf in Thailand

物凄く綺麗だし、一流コースだとは思うのだが、各ホールは大きな木に囲まれ狭苦しく感じる上に、フェアウェイやグリーンの芝質が昔から好きでなく、個人的に相性がかなり悪いコース。(メンバーの方、失礼!)バック(青)ティーから良いスコアが出たためしがない。気持ちが入らず、今回もミスショットのオンパレードで、1年ぶりくらいにスコアは100を超えた。気持ちが入らない己の未熟さを恥じた。

ウェッジも相変わらずで、初心者と言われようと、ウェッジに関しては少しオフセットが入っていないと自分の場合は厳しいのかと感じている。特に距離を調整する時にどうしてもリーディングエッジが手前に突き刺さりダフルイメージが出来てしまっている。明日、ドライビングレンジに行きもう少し考える。その後、1年ぶりにアイアングリップをすべて交換する予定。

ソンクランは嫁さんも来ず、独りだが、いろいろな人に声をかけた結果、10日から15日までジェムスで5連戦となった。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。