早朝ロイヤルラチャブリ

繁忙期にやった仕事でミスがあり、土曜日出勤。自分やスタッフのキャパオーバーが原因の一部でやむを得ないとは思うが、時間がありさえすればと忸怩たる思いはある。当時、自分が状況にきづいたのが遅すぎた。結局、中途半端な間に合わせの仕事になったため、今になって歪が出たと理解している。プロなのだから状況がわかった時に徹夜でも完璧にやり抜く不退転の決意を持つべきであった。当時、疲れで頭がうまく回らず甘えが出た。



重い気持ちを引きずって、翌日、超早朝ロイヤルラチャブリ。何故か、ほどよいティーオフ時間が取れず、4時アパート出発、6時30分ティーオフ。キャディ数人以外誰も来ておらず、グリーンフィは後払い。



コンディションは相変わらずよい。グリーンもメチャ早。恐らく手入れはあまりしていないと思う。自然のなせる技なのか、それにしてもいつ来ても良い。レイアウトも自然の造形を活かし、チャレンジングで難しい。コースと格闘しているうちに硬くなった気持ちもほぐれ、癒される。スコアはパットがうまく合わず、またも90。ただ、大叩きはなく、次回こそは80台でまわりたい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。