KGBから来た男

アマゾンに大量発注した書籍を、夏休みで遊びに来た家族に届けてもらった。最近の夜の楽しみ。ビルエバンスのピアノを聴きながら、エスプレッソを楽しみ、ページをめくる。最近、テレビは朝のニュースくらいしか見ていない。

もともとストイックなハードボイドものは好きで、ハメットやチャンドラーは、ほとんど全作読んだ。この本の舞台は現代で、主人公はインターネットやIT機器を駆使する。ただ一方で、暴力、スパイスを含んだ会話やあばずれ女とのお決まりのやりとりは健在。最後は、定番通り、女が出て行ったあとの心理描写で終わっている。ちょっと残念なのは90年代のロシアの時代背景をあまりうまく理解しておらず、どうにも事の重大さが実感としてピンとこなかった点。ストーリー自身は単純。犯人捜しを目的に読むのであればあまりお勧めでない。(ラスボスは、結構すぐに察しが付く。)

こういう人間の生き様に若いころからあこがれていたわけだが、小説の中の話とはいえ、このストイックさの原動力はどこから来るものだろうと、以前は不思議に思っていた。40代も後半となった今、無目的感や絶望感の中で、否応なく、それを維持せざるを得ないのだということを、少しわかるような気がする。最近は、好きとか嫌いとかの問題でなく、自分もストイックな生活に埋没している。

まだ、大量の未読在庫を抱えている。次は何を読もうか。

スポンサーサイト

天人五衰

豊饒の海シリーズの最終話だったが、本多に救いらしいものはなかった。清顕の生まれ変わりと見込んだ透はどうも違うようだったし、聡子からも突き放されて終了した。輪廻の真理に挑んだが、挫折したような終わり方。夢のごとく、海の波のごとくすべての人生の努力は灰塵に帰しもとの無意識の世界に帰っていくことを暗示しているように思った。結論が出ないのでいくらでも続けられる物語。この場合、終わり方は、結局はどうしても爽快感が得られるものではない。個人的には異なる道を辿り、ある境地に達していると思われる聡子に最期にもう少し語って欲しかった。一方でこれだと本多にとっては救いになってしまうので有り得ないのかとも思う。いずれにしても最後は随分、急いだような感じ。市ヶ谷自衛隊の件が迫っていたからだろうか。

ともあれ、終了。話は全般的に良かったが、読者の行間の想像をできる限り排そうとした、コテコテの文章は自分には厳しかった。イメージができた時点で景色描写の修飾は飛ばし読みになってしまった。

今度は、また、エンターテイメント系の北方三国志。愉しめるだろう。その後はわからないが、青空になっている漱石でも久々に読んでみるか。学生時とは違う印象を持つかもしれない。

暁の寺

暁の寺を読み終わった。一言でいえばものすごく難解。まず、誤解をしていたが、タイが舞台なのは第一部の前半のみ。どうも一般に流布する本書の紹介は、ずれているように思う。題名が暁の寺、ワットアルンなので「舞台」という紹介になっているのか。。。

第一部の後半は仏教解説とその源流たるヒンドゥー教の描写に費やされ、本編で主人公に躍り出た本多がその影響を受けて、清顕の生まれ変わりたるジンジャン姫に覗き穴を通じて何か(孔雀明王または残酷なカーリー女王)を見出すのだが、残念ながらわかったようなわからないような感じ。恐らくこれらを通じて肉、性、死、その転生の基たる阿頼耶識を描きたかったのだろうが、読者すら置き去りに本多一人が納得していくが如きだった。性描写に関しても当時は刺激的だったかもしれないが、現代ではもはや平凡。むしろバンコクにいると愚かさ丸出しの若い子を連れた買春親父(日本人)によく出くわすが、これと本多が重なってしまい、全く感情移入ができなかった。orz

題材的に自分には難解すぎたと思う。完結編はどうなるか。転生の観察者に救いが与えられるのか、とにかく最後まで読もうと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。